2021年5月5日水曜日

macOS 10.15.7 + karabiner element 13.4.0 + Microsoft Outlook for Mac 16.48 (21401102) の新規メール作成ウィンドウのテキスト入力領域でCtrl-A/Ctrl-Eが効かない

macOS 10.15.7 + karabiner element 13.4.0 + Microsoft Outlook for Mac 16.48 (21401102) の新規メール作成ウィンドウのテキスト入力領域で、Ctrl-A/Ctrl-Eが動作しません。もちろん、以下のように標準的なEmacsふうのキー操作をできるようにするjsonファイルは読み込んでいます。


検索エンジンで調べてみても情報があまりなく困っていたときに、以下のblogのページを見つけました。
Karabiner-Elementsを使って特定のアプリでショートカットキーを上書する
ここでは、macOSでのMicrosoftのアプリケーションで、Ctrl-P/N/B/F/A/Eなどを使えるようにする方法が紹介されています。そこで、思いたって、ここで紹介されているjsonファイルを標準的なEmacsふうキー操作のjsonファイルの後に読み込んでみました。


すると、Ctrl-A/Ctrl-Eが動くようになりました。ただ、このままだと他のMicrosoftのアプリケーションでCtrl-A/Ctrl-Eの動作がおかしくなるようです。なので

"^com\\.microsoft\\."

の部分を

"^com\\.microsoft\\.Outlook"

に、そしてCtrl-A/EをそれぞれCommand+Left_Arrow/Right_Arrowにマップするように変更しました。上記の記事がなくなってしまうと困るので、以下に、変更したものを再掲します。

{

  "title": "emacs keybind in MS apps",

  "rules":

  [

    {

      "description": "emacs keybind in skype & office",

      "manipulators": [

        {

          "conditions": [

            {

              "bundle_identifiers": [

                "^com\\.skype\\.skype$",

                "^com\\.microsoft\\.Outlook"

              ],

              "type": "frontmost_application_if"

            }

          ],

          "from": {

            "key_code": "h",

            "modifiers": {

              "mandatory": [

                "control"

              ]

            }

          },

          "to": [

            {

              "key_code": "delete_or_backspace"

            }

          ],

          "type": "basic"

        },

        {

          "conditions": [

            {

              "bundle_identifiers": [

                "^com\\.microsoft\\.Outlook"

              ],

              "type": "frontmost_application_if"

            }

          ],

          "from": {

            "key_code": "d",

            "modifiers": {

              "mandatory": [

                "control"

              ]

            }

          },

          "to": [

            {

              "key_code": "delete_forward"

            }

          ],

          "type": "basic"

        },

        {

          "conditions": [

            {

              "bundle_identifiers": [

                "^com\\.microsoft\\.Outlook"

              ],

              "type": "frontmost_application_if"

            }

          ],

          "from": {

            "key_code": "f",

            "modifiers": {

              "mandatory": [

                "control"

              ]

            }

          },

          "to": [

            {

              "key_code": "right_arrow"

            }

          ],

          "type": "basic"

        },

        {

          "conditions": [

            {

              "bundle_identifiers": [

                "^com\\.microsoft\\.Outlook"

              ],

              "type": "frontmost_application_if"

            }

          ],

          "from": {

            "key_code": "b",

            "modifiers": {

              "mandatory": [

                "control"

              ]

            }

          },

          "to": [

            {

              "key_code": "left_arrow"

            }

          ],

          "type": "basic"

        },

        {

          "conditions": [

            {

              "bundle_identifiers": [

                "^com\\.microsoft\\.Outlook"

              ],

              "type": "frontmost_application_if"

            }

          ],

          "from": {

            "key_code": "p",

            "modifiers": {

              "mandatory": [

                "control"

              ]

            }

          },

          "to": [

            {

              "key_code": "up_arrow"

            }

          ],

          "type": "basic"

        },

        {

          "conditions": [

            {

              "bundle_identifiers": [

                "^com\\.microsoft\\.Outlook"

              ],

              "type": "frontmost_application_if"

            }

          ],

          "from": {

            "key_code": "n",

            "modifiers": {

              "mandatory": [

                "control"

              ]

            }

          },

          "to": [

            {

              "key_code": "down_arrow"

            }

          ],

          "type": "basic"

        },

        {

          "conditions": [

            {

              "bundle_identifiers": [

                "^com\\.microsoft\\.Outlook"

              ],

              "type": "frontmost_application_if"

            }

          ],

          "from": {

            "key_code": "e",

            "modifiers": {

              "mandatory": [

                "control"

              ]

            }

          },

          "to": [

            {

              "key_code": "right_arrow",

              "modifiers": [

                "left_command"

              ]

            }

          ],

          "type": "basic"

        },

        {

          "conditions": [

            {

              "bundle_identifiers": [

                "^com\\.microsoft\\.Outlook"

              ],

              "type": "frontmost_application_if"

            }

          ],

          "from": {

            "key_code": "a",

            "modifiers": {

              "mandatory": [

                "control"

              ]

            }

          },

          "to": [

            {

              "key_code": "left_arrow" ,

              "modifiers": [

                "left_command"

              ]

            }

          ],

          "type": "basic"

        }

      ]

    }

  ]

}


2021年2月10日水曜日

Microsoft Edge 88.0.705.63で垂直タブ機能を有効にする

Microsoft Edge 88.0.705.63では垂直タブ機能があるのですが、デフォルトでは有効になっていません。垂直タブについては、以下で報告があります。
新機能盛りだくさんの「Microsoft Edge 88」が正式公開 ~サイドバー検索や新しい履歴ポップアップ
……加えて、“垂直タブ”機能が利用できるようになったとのこと。編集部では確認できなかったが、近日中に提供される可能性がある。 

この垂直タブ機能を有効にできないのか調べてみると、以下の記事を見つけました。

How to Enable and Use Vertical Tabs on Microsoft Edge
https://www.groovypost.com/howto/enable-and-use-vertical-tabs-on-microsoft-edge/
ここでは手順は以下のようになっていました。

  1. Put "edge://flags/#edge-vertical-tabs" in the address bar
  2. Set it to “Enabled” from the dropdown menu and then click the Restart button for the change to take effect.
実際、Edgeで「edge://flags/#edge-vertical-tabs」をアドレスバーに入れると次のような画面になりました。
この「Default」を「Enabled」にしてEdgeを再起動すると垂直タブ機能が使えるようになりました。これはmacOSとWindows 10のEdgeで試しています。

Enabling Vertical Tabs on Microsoft Edge

Current Microsoft  Edge, 88.0.705.63 has "Vertical Tabs" feature, but this one is not enable, by default. But you can enable it.

I'v read this blog article and tried.

How to Enable and Use Vertical Tabs on Microsoft Edge
https://www.groovypost.com/howto/enable-and-use-vertical-tabs-on-microsoft-edge/
From this article:

  1. Put "edge://flags/#edge-vertical-tabs" in the address bar
  2. Set it to “Enabled” from the dropdown menu and then click the Restart button for the change to take effect.

2021年2月5日金曜日

smb over ssh macOS 10.15

I've setuped smb over ssh on macOS 10.15. I've reffered the blog(in Japanese) as following

#7 SSH Port Forwardingあれこれ(2)Mac編
https://sites.google.com/site/satchansmaclife/home/ssh-port-forwardingarekore--2-machen
At first, I've read the blog(also in Japanese) as follwing:
MacからSSHポートフォワードで自宅のSambaにアクセスする
but, I could not setup well. And then, I've found the explanation in first blog: 
Connect to the server: smb://localhost/share_volume_name 
* You should specify the smb volume name , like "share"

so, It works well. And the second blog's instruction:

Add "127.0.0.2" to loopback interface.

is not needed.  Setup instruction for smb over ssh is following:

At first:

$ ssh -p ssh_server_port -L 127.0.0.1:8139:smbhost.example.com:139 user@sshhost.example.com
Then,  In Finder of macOS,  you may select "Connect to server", and input like this
smb://127.0.0.1:8139/project
You should specify volume name like "project".

smb over ssh (macOS 10.15)を設定する

macOS Catalinaでssh経由でのSMBマウントを設定しました。参考にしたのは以下のブログです。
#7 SSH Port Forwardingあれこれ(2)Mac編
https://sites.google.com/site/satchansmaclife/home/ssh-port-forwardingarekore--2-machen
始めは以下の記事
MacからSSHポートフォワードで自宅のSambaにアクセスする
を参照していたのですが、うまいかず、上記の記事にある  
(「サーバに接続」)smb://localhost/share_volume_name 
上記のように共有するボリューム名が既知である必要がある。

に気が付き、マウント時にボリュームを指定することで動作するようになりました。 2つ目の記事にある

127.0.0.2をループバックアドレスに追加

も不要でした。まとめると以下のようです。

まず

$ ssh -p sshサーバのポート番号 -L 127.0.0.1:8139:smbhost.example.com:139 user@sshhost.example.com
を実行する。次に、macOSのFinderでConnect to serverを選び、入力欄で
smb://127.0.0.1:8139/project
というふうにボリューム名まで指定します。私は、上記のsshのコマンドをTerminal.appのShellで指定しおいて、GUIからポートフォワードを設定するようにしています。

2021年1月14日木曜日

リモートのWindows PCで動作するアプリケーションを、RDP経由で手元のPCの一つのウィンドウとして動かす

リモートのWindows PCで動作するアプリケーションを、RDP経由で手元のPCの一つのウィンドウとして動かすことができるようです。
簡単な Remote-App の作り方
https://www.vwnet.jp/Windows/w10/2016072001/RemoteApp.htm

設定を引用します。

Remote-App を提供する側のリモートデスクトップを有効にしてレジストリを設定します。

レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Terminal Server\TsAppAllowList
キー fDisabledAllowList
タイプ DWORD
値 1


リモートデスクトップ接続のオプションで、接続設定を保存して、.rdp に以下の3行を追加します。

remoteapplicationmode:i:1
remoteapplicationname:s:Chrome
remoteapplicationprogram:s:C:\Program Files\Google\Chrome\Application\chrome.exe
同じことがmacosのremote desktopクライアントでできないか試してみました。macでは.rdpの作成部分が「設定をいったん.rdpにエクスポートし、生成された.rdpファイルを上記のように編集、この.rdpファイルをインポートする」に変わります。すると、 以下のようにPowerPointのアプリケーションがウィンドウで表示されます。

しかし残念なことに、IMEの起動ができません。IMEを起動した状態で接続すれば日本語は入力できるのですが、IMEをoffにすることができません。