2022年4月29日金曜日

macOS Monterey(Version 12.21.)にopensshをインストールし22番ポート以外で実行する

macOSではデフォルトでsshdが22番ポートで起動されています。これとは別に、公開鍵認証でのみアクセスできるsshdを10022番ポートで起動するようにしてみました。参考にしたのは、まずは以下の投稿です。

MacOSXで、Homebrewから入れたopensshを使う
https://kkotaro0111.hatenadiary.org/entry/20130905/1378403036

 これにならってhomebrewでopensshをインストールします。

$ brew install openssh
...
$ /usr/bin/ssh -v
...
$ /usr/local/bin/ssh -v
...
$

次にopensshのsshdを10022番で起動するようにします。

$ vi /usr/local/etc/ssh/sshd_conf
...
# ForceCommand cvs server
Port 10022
このように「Port 10022」の記述を最後の行に足します。またインストールしたOpenSSH_9.0p1/OpenSSL 1.1.1n/15 Mar 2022というバージョンでは、デフォルトでパスワード認証が無効になっていたので、これについての設定は不要でした。

つぎに/usr/local/sbin/sshdを起動時に起動するようにします。これは以下の投稿を参考にしました。
[Mac]OS起動時に、スクリプトを実行する
https://qiita.com/hikouki/items/473d8ce0b1f562a94de6
$ sudo touch /Library/LaunchDaemons/ssh10022.plist
$ sudo vi /Library/LaunchDaemons/ssh10022.plist
...

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">

<plist version="1.0">

<dict>

<key>Label</key>

<string>com.openssh.sshd10022</string>

<key>Program</key>

<string>/usr/local/sbin/sshd</string>

<key>RunAtLoad</key>

    <true/>

</dict>

</plist>

sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/ssh10022.plist

p.s あわせてmoshから利用しようとしたら"mosh-server not  found"となってしまうので、「$ mosh --server "/usr/local/bin/mosh" --ssh="ssh -p 10022" ....」とする必要がありました。

2022年4月26日火曜日

ubuntu 20.04 serverのtimezoneを設定する

Ubuntu 20.04サーバーをインストールするとその途中でタイムゾーンの設定がありません。不思議だと思っていたら仕様のようです。

Ubuntu 20.04 LTS Server 日本時間(JST)にタイムゾーン変更手順
https://server-network-note.net/2021/05/ubuntu-2004-lts-server-jst-timezone

以下のように書かれています。 

CentOSなどはインストール時にタイムゾーンを設定するのですが、Ubuntu 20.04 LTS Server ではインストール時にタイムゾーンを指定する項目がありません。そのためタイムゾーンが日本時間ではなくUTCとなっています。
この記事はUbuntu 20.04 LTSのタイムゾーンを日本時間(JST)に変更する手順を紹介します。
現在の状況は timedatectl わかります。そして、日本のタイムゾーンにするには、
$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
とします。

2022年4月18日月曜日

Ubuntu 20.04の起動時に、接続されていないネットワークインタフェースの確認に時間がかかる

Ubuntu 20.04の起動時に、接続されていないネットワークインタフェースの確認に時間がかかることがあります。

以下のようにすれば回避できました。

Ubuntu 18.04 ネットワーク接続の完了待ちのために起動が遅い問題の対処
https://qiita.com/NoIshii/items/fcc860394ace35f434d4

以下に引用します。

$ cat /etc/netplan/10-netcfg.yml
network:
    renderer: networkd
    version: 2
    ethernets:
        enp1s0:
            optional: true
        wlp2s0b1:
            optional: true
$ sudo netplan apply

2022年4月16日土曜日

Maximum memory of QNAP TS-253D is 32GB

I've added memory modules to QNAP TS-253D(https://www.qnap.com/ja-jp/product/ts-253d). The specification(https://www.qnap.com/ja-jp/product/ts-253d/specs/hardware)says:

Max memory: 8 GB (2 x 4GB)
Max Memory size(depending on a memory specification): 8 GB

But, results of search engines says that max memoy is 32GB.

QNAP X53D 16GB And 32GB Crucial Memory Upgrade Guide
https://nascompares.com/2020/06/15/qnap-x53d-16gb-and-32gb-crucial-memory-upgrade-guide/
At first, I attached 8GB SO-DIMM × 2, this was ok. Then, I've tried to attach 16GB SO-DIMM × 2, this was no ok. Above blog says:
VERY IMPORTANT – The Links used in the article below towards the correct unofficial memory are occasionally changed (beyond my control) as it will direct you to the site in your own region/country. MAKE SURE to check that the memory module (especially 16 and 32GB SODIMM modules) are DUAL RANK or ‘DR‘, as Synology NAS typically have trouble with SR/SINGLE RANK modules.
I should use DUAL RANK memories(the memory modules that I used were 2GB×8 SINGLE RANK. I've bought new DUAL RANK memories as following:
Timetec Hynix IC ノートPC用メモリ 32GB(2x16GB) DDR4 2666MHz PC4-21300 Dual Rank 260 Pin SODIMM 32GB(2x16GB) 
https://www.amazon.co.jp/dp/B07N32SHXK
and tried to attach them. Boot time is longer than usual, probably it takes 1 or 2 mins later, finaly booted. Then I've checked the system status of QNAP, this screen says 32GB memory was attached.

Ubuntu 20.04でCapsLockキーをCtrlキーに割り当てる

Ubuntu 20.04のCUIコンソールでCtrlキーでの操作が多いために、CapsLockキーをCtrlキー
に割り当てて使っています。その方法を以下にまとめます。

参考したのは以下の記述です。

UbutnuでCapsLockキーをCtrlキーする方法
https://linux.just4fun.biz/?Ubuntu/Caps-Lock%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%92Ctrl%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95

内容を引用します。

  1. /etc/default/keyboardを確認する
    $ cat /etc/default/keyboard
    # KEYBOARD CONFIGURATION FILE
    # Consult the keyboard(5) manual page.
    XKBMODEL="pc105"
    XKBLAYOUT="us"
    XKBVARIANT=""
    XKBOPTIONS=""
    BACKSPACE="guess"
  2. XKBOPTIONSを変更する
    XKBOPTIONS="ctrl:nocaps"

    * CtrlとCapsLockを入れ替えるには以下のようにする
    XKBOPTIONS="ctrl:swapcaps"
  3. 設定を反映する
    $ sudo systemctl restart console-setup

2022年4月15日金曜日

Ubuntu 20.04 ServerでCUIコンソールの解像度を指定する

利用可能な解像度はgrubのvbeinfoで調べるそうです。
起動画面(Plymouth)の表示品質の改善方法
http://moebuntu.blog48.fc2.com/blog-entry-935.html
  1. マシンを起動する際に「ESC」キーを押しながら立ち上げ「Grub」を表示します。
  2. 「Grub」画面が出たら「c」キーを押します。するとプロンプトが出るので以下のように「vbeinfo」と入力しリターンキーを押します。
これで解像度がわかったら、以下のようにするようです。
CentOS7やUbuntu 20.04などでコンソール解像度を低くする
  1. 設定ファイルは以下
    /etc/default/grub
  2. grubでの解像度を指定するための「GRUB_GFXMODE=800×600」、grubでの設定内容をkernel起動後も維持するための「GRUB_GFXPAYLOAD_LINUX=keep」と、「GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=」行への「nomodeset」追加
  3. 書き換えたらgrub.cfgを生成するため「sudo update-grub2」を実行します。

2022年2月20日日曜日

MicrosoftStoreアプリがうまく動作しなくなったら

Microsoft Storeアプリがうまく動作しなくなったときは、以下のサイトので順を試すと良いようだ。

Windows で Microsoft Store が 開かない ときの解決方法はこちら
https://windowsfaq.net/windows/windows-trouble/trouble-msstore/
  1. WSResetコマンドを使ってリセットを実行する
  2. Microsoft Storeを修復・リセットする(Windows10・11)
    Windowsの設定メニューからMicrosoft Storeの 修復 および 設定のリセットを行います

2022年2月5日土曜日

QNAP TS-253Dの最大メモリ

勤務先で使っているNASであるQNAP TS-253D(https://www.qnap.com/ja-jp/product/ts-253d)のメモリを増設してみました。

仕様(https://www.qnap.com/ja-jp/product/ts-253d/specs/hardware)では

最大メモリ: 8 GB (2 x 4GB)
となっています。またCPU(Intel Celeron J4125)の仕様(https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/sku/197305/intel-celeron-processor-j4125-4m-cache-up-to-2-70-ghz/specifications.html)を見ても、
最大メモリーサイズ (メモリーの種類に依存): 8 GB
となっています。ただ、検索エンジンでいろいろと見てみると32GBまで増設できそうです。
QNAP X53D 16GB And 32GB Crucial Memory Upgrade Guide
https://nascompares.com/2020/06/15/qnap-x53d-16gb-and-32gb-crucial-memory-upgrade-guide/
そこで手始めに8GBのSO-DIMMを2枚装着してみるとうまく起動します。次に、
16GBのSO-DIMMを2枚を入れてみると、これは起動しません。もう一度、上記のWWWページを見てみると
VERY IMPORTANT – The Links used in the article below towards the correct unofficial memory are occasionally changed (beyond my control) as it will direct you to the site in your own region/country. MAKE SURE to check that the memory module (especially 16 and 32GB SODIMM modules) are DUAL RANK or ‘DR‘, as Synology NAS typically have trouble with SR/SINGLE RANK modules.
とあり、メモリがDUAL RANKでないといけないようです。起動しなかったSO-DIMMを見てみると、2GBメモリ×8のSINGLE RANKのようです。そこで、新たにDUAL RANKを思えるメモリ
Timetec Hynix IC ノートPC用メモリ 32GB(2x16GB) DDR4 2666MHz PC4-21300 Dual Rank 260 Pin SODIMM 32GB(2x16GB) 
https://www.amazon.co.jp/dp/B07N32SHXK
を購入して装着してみました。

すると、起動時にすぐ鳴るビープ音が聞こえずだめだったかと思ったのですが、1分近くしてビープ音が聞こえ、そのあとディスクが動作し始めました。そして気のせいかもしれませんが、ふだんよりもすこし余分に時間がかかって起動しました。
システムステータスで見てみるとたしかに32GBになっています。

2022年1月29日土曜日

フロスを探す

私は、長くREACHブランドのフロスを使っていたのですが、残念ながら日本での取り扱いがあるときからなくなってしまいました。しかし、以下のように米国ではまだ扱いがあるに見えます。
Reach Access Flosser Disposable Interdental Cleaner
https://www.walmart.com/ip/Reach-Access-Flosser-Disposable-Interdental-Cleaner/10316364
ではと思いamazon.comで探してみると同じものはなく、同じJ&JのListerineブランドに変わって扱いがあるようです。
Listerine Ultraclean Access Snap-On Flosser & Flosser Refill Head 28 ea, Pack for Proper Oral Care, Mint Flavor 1 ea : Beauty & Personal Care
https://www.amazon.com/dp/B00PG59X2K
日本でもないのかと思って探してみると、ハンドル部分の形は違いますが、同じようなものがありました。
リーチイージーフロッサー スターターキット 1本 | REACH(リーチ) | 歯間クリーナー 通販
https://www.amazon.co.jp/dp/B0778W3BZ1
しかし、この時点では交換用のフロスの取り扱いがありませんでした。そこで、これをamazon.comで買ってみました。日本までは約1週間ほどでした。パッケージを見てみるとREACHのフロスとまったく同じで、フロス部分も同じでした。

日本での「リーチイージーフロッサー 」の扱いがちゃんとされればよいのですが。

2022年1月27日木曜日

FreeBSDとLinuxでホスト名.localでの名前解決

FreeBSDでDNSと連動したdhcpサーバーの運用がめんどうになってきたので、FreeBSDでもホスト名.localでの名前解決ができるように設定をしました。手順は、以下の説明にようにしました。

FreeBSD 12:mdns
https://zeke.jp/dns

以下に手順を引用します。

# pkg instgall mDNSResponder
....
# pkg install mDNSResponder_nss
...
# cat /etc/rc.conf
mdnsd_enable="YES"
mdnsresponderposix_enable="YES"
mdnsresponderposix_flags="-f /usr/local/etc/mDNSResponder.conf"
# cat /usr/local/etc/mDNSResponder.conf
ホスト名
_ssh._tcp. local
22
ホスト名 ssh server
...
# cat /etc/nsswitch.conf
...
# hosts: files dns
hosts: files mdns dns
...
# /usr/local/etc/rc.d/mdns start
...
# /usr/local/etc/rc.d/mdnsresponderposix
...
#

こうするとFreeBSDからWindowsなどのPCに対して、またその逆に以下のようにpingができるようになります。

$ ping ホスト名.local 

mDNSでsshやhttpサービスを提供するホストは

Zeroconf 考察。
https://running-dog.net/2015/07/post_1544.html

の説明のように見つけることができます。以下に例をあげます。

$ dns-sd -B _ssh
Browsing for _ssh._tcp
DATE: ---Fri 22 Apr 2022---
14:40:34.422 ...STARTING...
Timestamp A/R Flags if Domain Service Type Instance Name
14:40:34.422 Add 3 21 local. _ssh._tcp. ss-mini18
^C
$

サービス名には_httpや_smbなどあり、一覧は以下のようにして見つけることができます( discover iOS device name using mDNS - https://stackoverflow.com/questions/18884422/discover-ios-device-name-using-mdns 参照)。

$ dns-sd -B _services._dns-sd._udp
Browsing for _services._dns-sd._udp
DATE: ---Fri 22 Apr 2022---
15:01:13.294 ...STARTING...
Timestamp A/R Flags if Domain Service Type Instance Name
15:01:13.294 Add 3 4 . _tcp.local. _amzn-wplay
15:01:13.294 Add 3 4 . _tcp.local. _airport
^C
$

IPアドレスは以下のようにします。

$ dns-sd -G v4 macbook.local
DATE: ---Fri 22 Apr 2022---
15:05:50.623  ...STARTING...
Timestamp     A/R    Flags if Hostname                               Address                                      TTL
15:05:50.807  Add        2  4 macboo.local.                        172.xx.yyy.zzz                               120
^C
$ 

Linux(ubuntu 20.04)については以下のようにすればよいようです。

$ sudo apt install avahi-daemon libnss-mdns
$ cat /etc/nsswitch.conf
hosts: files mdns4_minimal [NOTFOUND=return] dns mdns4
$
IPv6も使う場合には以下のようにするようです。
hosts: files mdns_minimal [NOTFOUND=return] dns mdns

これだけではだめでホストでサービスの広告をしなくてはなりません。

Avahi
https://wiki.archlinux.jp/index.php/Avahi
にあるように、AvahiにはSSHサーバーを広告するサンプルがありました。
# cp /usr/share/doc/avahi/ssh.service /etc/avahi/services/
avahiはファイルが置かれたことを検知するようで、デーモンの再起動などは不要です。
そして、FreeBSDのdns-sdと同じようなことをするにはmds-scanパッケージを使います。

$ sudo apt install mds-scan
...
$ mds-scan
+ AirPortTimeCapsule802.11ac._smb._tcp.local
+ EPSON PX-504A-IOT._smb._tcp.local
...
こうしておけばLANのホスト名とIPアドレスの組の管理が少しだけ楽になります。